アビスパ福岡とのダービーを終えての感想とアビスパ福岡との因縁紹介

引用元サッカーダイジェスト

2021年3月21日5年振りのサガン鳥栖vsアビスパ福岡の九州ダービー木村情報技術Presentsサガン鳥栖King of九州マッチ』が開催され、バチバチの熱い試合が展開されましたね。

私は仕事だった為、夜にDAZNにて試合を確認しました。

いや、本当に熱かった!

色んな意味で熱を帯びた試合でした。

ネット上での繰り広げられているイザコザをこちらに書くことはありませんが、本当に熱かったみたいですね。

一度で良いから生でダービーを楽しんでみたい。体験したいと思いました。



そんなバチバチに熱い試合をしてくれたサガン鳥栖とアビスパ福岡ですが、昔から色んな因縁があるそうです。

私は鳥栖フューチャーズが誕生した後にできたJrユースの一期生でしたが、当時のいざこざは正直言ってあまり覚えてません(笑)

多分練習について行くのがやっとでそれどころではなかったのではないかと思います。

この記事は当時の私やまだ生まれていなかった現代のサポーターの方に向けた記事になります。

ネットから拾い上げた情報になりますので、若干の誤りがある可能性がありますがご覧ください。



Contents

アビスパ福岡とは

福岡県福岡市をホームタウンとするプロサッカークラブ。

サガン鳥栖の永遠のライバルクラブ

ホームスタジアム

名称:ベスト電器スタジアム(東平尾公園博多の森球技場)

住所:福岡県福岡市博多区東平尾公園2丁目1−1

収容人数:21,562人

運営法人

アビスパ福岡株式会社

代表者

川森敬史

公式HP

https://www.avispa.co.jp

創設年

1982年



歴史、対戦歴

・1982年

静岡県藤枝市にて中央防犯サッカー部として創設された。

対戦歴

なし

・1991年

日本サッカーリーグ2部に昇格

対戦歴

なし

・1993年

ジャパンフットボールリーグ(以後、JFL)1部に昇格

クラブ誘致:鳥栖フューチャーズ側が見込んでいたスポンサーの多くが福岡ブルックスに流れるという事態が発生(第一次因縁)

対戦歴

なし

・1994年

中央防犯FC藤枝ブルックスに改名

Jリーグ準会員になる

対戦歴

4月2日中央防犯のホーム。2-3でPJMの負け

10月23日PJMのホーム。3-0でPJMの勝ち

・1995年JFL

福岡市へ移転後、福岡ブルックスと改名

選手引抜き:鳥栖フューチャーズからウーゴ・マラドーナ、蓑口祐介、中込正行、前田浩二の四人の主力選手とセルヒオ・バティスタコーチを引き抜く(第二次因縁)

サポータートラブル:7月23日に福岡ブルックスの一部のサポーターが暴徒化し、鳥栖フューチャーズを侮辱する横断幕を掲げ、鳥栖のチームフラッグを半旗にして火をつけるという挑発行為を行なった。(第三次因縁)

24勝6敗でJFL優勝。1996年からのJリーグ加盟決定

対戦歴

7月23日福岡Bのホーム。1-3で鳥栖Fの負け

10月22日鳥栖Fのホーム。0-4で鳥栖Fの負け



・1996年Jリーグ15位

対戦歴

なし

・1997年Jリーグ17位(最下位)

対戦歴

なし

・1998年Jリーグ18位(最下位)

J1参入決定戦で札幌を破り、J1残留

対戦歴

なし

・1999年J1リーグ14位

対戦歴

なし

・2000年J1リーグ6位

対戦歴

なし

・2001年J1リーグ15位 J2へ降格

対戦歴

なし



・2002年J2リーグ8位

対戦歴

4月24日鳥栖のホーム。1-1で引分け

7月13日福岡のホーム。0-2で鳥栖の負け

8月10日鳥栖のホーム。1-0で鳥栖の勝ち

11月16日福岡のホーム。1-1で引分け

盧廷潤事件

調子が上がらない福岡の中で一人気を吐いていた盧廷潤に対して引分けの結果に怒ったサポーターが、盧に対して韓国代表のユニフォームを投げつけるという暴挙に出た。この暴挙に普段は温厚で有名な盧が激怒し即時退団を示唆。慰留され留まったがこの年を最後に退団。日本を去るきっかけになった。この事件は今でも鮮明に覚えてます。あれは本に酷かったし、日本人であることを恥じた事件でした。

・2003年J2リーグ4位

対戦歴

4月5日鳥栖のホーム。2-3で鳥栖の負け

5月31日福岡のホーム。2-5で鳥栖の負け

8月2日鳥栖のホーム。0-2で鳥栖の負け

11月1日福岡のホーム。1-2で鳥栖の負け

・2004年J2リーグ3位

入れ替え戦に進出。柏に敗れ昇格できず

対戦歴

3月20日鳥栖のホーム。0-3で鳥栖の負け

6月12日福岡のホーム。2-3で鳥栖の負け

9月4日鳥栖のホーム。1-0で鳥栖の勝ち

11月23日福岡のホーム。1-2で鳥栖の負け

・2005年J2リーグ2位 J1昇格

10月23日アビスパ福岡がJ1昇格目前という事もあり「2005Kyushu Derby Match FINAL」と題して対戦。鳥栖が福岡が1-4と大負する

対戦歴

3月5日鳥栖のホーム。1-1で引分け

7月16日福岡のホーム。2-3で鳥栖の負け

9月4日鳥栖のホーム。1-1で引分け

10月22日福岡のホーム。1-4で鳥栖の負け

・2006年J1リーグ16位

入れ替え戦に進出。神戸にアウェーゴールの差でJ2へ降格

対戦歴

なし



・2007年J2リーグ7位

9月2日鳥栖のホームゲームで福岡サポーターがペットボトルや傘を投げ入れたり、関係者以外立ち入り禁止エリアに侵入したり、さらにはメインスタンドに侵入し子供へ暴行し怪我を負わせた。(第四次因縁)

対戦歴

3月3日鳥栖のホーム。0-5で鳥栖の負け

5月19日福岡のホーム。2-1で鳥栖の勝ち

9月2日鳥栖のホーム。3-1で鳥栖の勝ち

12月1日福岡のホーム。3-1で鳥栖の勝ち

・2008年J2リーグ8位

対戦歴

4月20日福岡のホーム。0-2で鳥栖の負け

5月31日鳥栖のホーム。1-3で鳥栖の負け

8月30日福岡のホーム。2-2で引分け

・2009年J2リーグ11位

対戦歴

5月9日福岡のホーム。0-0で引分け

7月4日鳥栖のホーム。3-1で鳥栖の勝ち

9月6日鳥栖のホーム。3-1で鳥栖の勝ち

・2010年J2リーグ3位

対戦歴

4月25日福岡のホーム。1-0で鳥栖の勝ち

9月23日鳥栖のホーム。0-1で鳥栖の負け

・2011年J1リーグ17位

対戦歴

なし



・2012年J2リーグ18位

対戦歴

なし

・2013年J2リーグ14位

対戦歴

なし

・2014年J2リーグ16位

対戦歴

なし

・2015年J2リーグ3位

昇格プレーオフに進出。C大阪に引分け、レギューレーションによりJ1へ昇格

対戦歴

なし

・2016年J1リーグ16位

対戦歴

2月27日鳥栖のホーム。2-1で鳥栖の勝ち

5月25日福岡のホーム。ナビスコ杯1-1で引分け

7月23日福岡のホーム。3-2で鳥栖の勝ち



・2017年J2リーグ4位

昇格プレーオフに進出。名古屋に引分け、規定により昇格できず

対戦歴

なし

・2018年J2リーグ7位

対戦歴

なし

・2019年J2リーグ16位

対戦歴

なし

・2020年J2リーグ2位 J1昇格

対戦歴

なし

・2021年J1リーグ

対戦歴

3月21日鳥栖のホーム。0-0で引分け

一部のサポーターがコロナ禍におけるJリーグの禁止規定を無視してチャントを歌ったり、大声出したり、指笛したりと傍若無人の振る舞いを行いその行為をクラブの川森社長からも非難された。

そしてアビスパ福岡の公式HP上でも蛮行についての非難がありました。

通算対戦成績(リーグ戦、カップ戦)

鳥栖の10勝7分17敗



アカデミー出身選手(有名な選手限定)

・小井手翔太

2004-2007年にサガン鳥栖に所属した選手

サガン鳥栖→ガイナーレ鳥取→ナコーンラーチャシーマーFC→グルージャ盛岡→奈良クラブ

・田中佑昌

アビスパ福岡→ジェフユナイテッド千葉→ヴァンフォーレ甲府→カターレ富山

・安川有

大分トリニータ→松本山雅FC

・鈴木惇

アビスパ福岡→東京ヴェルディ→アビスパ福岡→大分トリニータ→アビスパ福岡→藤枝MYFC

・坂井達弥

2012-2017年にサガン鳥栖に所属した選手(元日本代表)

サガン鳥栖→松本山雅FC→V・ファーレン長崎→大分トリニータ→モンテディオ山形→サムットプラーカーン・シティ

・田中達也

ロアッソ熊本→FC岐阜→ロアッソ熊本→ガンバ大阪→大分トリニータ→浦和レッズ

・冨安健洋

アビスパ福岡最高の逸材。日本最高クラスのDFで現日本代表選手

アビスパ福岡→シント=トロイデンVV→ボローニャFC

素晴らしい選手がメッチャ育ってるやないですなぁ〜

まとめ

アビスパ福岡は歴史も深く良いクラブなので、一部の暴徒化したサポーターのせいで地に堕ちた信頼を回復するこれからです。

今が膿を出し尽くすチャンスだと思います。

元々、冨安健洋選手など世界基準の選手の育成ができるクラブなので。

本当に羨ましい。

サガン鳥栖からも世界基準の選手が出て欲しい。

お互い切磋琢磨してクラブの価値を高めていきましょう!

(Visited 1,177 times, 1 visits today)