サガン鳥栖レジェンズ〜金民友〜

今シーズンから背番号10が解禁され、樋口雄太がサガン鳥栖の新たな10番を背負うようになりました。

樋口雄太がどんな10番になっていくのか本当に楽しみなシーズンです。

今回はその樋口雄太が背負うようになった10番。

樋口雄太の前は金民友(キムミヌ)が背負ってました。

このサイトをご覧になられてる方、殆どの方がその事は存じてると思います。

サガン鳥栖の10番は『金民友』という方も多いと思います。

今回はそんは長い間愛され続けた金民友の事を記事にさせて頂きます。

実は記事を書いてる私も金民友が大好きです。

サガン鳥栖レジェンズ〜金民友〜

彼が退団した時に発売されたユニフォーム、もちろん買いました。

退団の挨拶動画、何度も見ました。

そして、泣きました…😭

彼が戻って来てくれるものだと信じて、復帰する日をずっと待ってました。

でも今は、韓国の強豪クラブでキャプテンを任されてる彼の姿をInstagramで見るのが楽しみになってます。

『우리의 사랑 김 민우』 ←私達の愛する金民友

『언젠가는 돌아와주세요』←いつかは戻って来てね。

※韓国語が間違ってたららすみません。。。

それではお時間がある方は最後までご覧ください。

プロフィール

名前:金民友(キム・ミヌ)   김 민우

愛称:ミヌ

出身地:韓国

身長/体重:172cm/69kg

ポジション:MF/DF

利き足:左足

経歴

延世大学校

サガン鳥栖(2010〜2016年)

水原三星ブルーウィングス(2017年〜

 ー尚州尚武FC(2018年、2019年期限付き移籍)

戦績、記録

J2リーグ

・2010年:24試合、4ゴール

・2011年:28試合、7ゴール

・合計:52試合、11ゴール

J1リーグ

・2012年:31試合、2ゴール

・2013年:33試合、5ゴール

・2014年:34試合、6ゴール

・2015年:33試合、2ゴール

・2016年:30試合、5ゴール

・合計:161試合、20ゴール

リーグ杯

・2012年:4試合、0ゴール

・2013年:3試合、0ゴール

・2014年:3試合、0ゴール

・2015年:1試合、0ゴール

・2016年:3試合、0ゴール

・合計:14試合、0ゴール

天皇杯

・2010年:2試合、0ゴール

・2011年:1試合、0ゴール

・2012年:1試合、0ゴール

・2013年:5試合、0ゴール

・2014年:3試合、0ゴール

・2015年:1試合、0ゴール

・2016年:3試合、0ゴール

・合計:16試合、0ゴール

合計(Jリーグの成績のみ)

243試合、31ゴール

応援できた243試合分の幸せをありがとう😭

Kクラシック

・2017年:30試合、6ゴール

・2018〜2019年:56試合、4ゴール

・2020年:27試合、4ゴール

個人成績

Jリーグ初出場

2010年3月7日コンサドーレ札幌戦

Jリーグ初得点

2010年5月9日大分トリニータ戦

韓国代表、選抜歴

U-16〜U-23代表

・2006年 U-16韓国代表

U-16韓国代表(アジアユース選手権)

・2007年 U-17韓国代表

FIFA U-17ワールドカップ

・2009年 U-20韓国代表

FIFA U-20ワールドカップ

・2010年 U-21韓国代表

第16回アジア競技大会

・2011年 U-22韓国代表

ロンドンオリンピック アジア二次予選

・2012年 U-23韓国代表

ロンドンオリンピック アジア最終予選

韓国代表(フル代表)

・2013年

東アジアカップ

・2014年

AFCアジアカップ

・2015年

東アジアカップ

・2015年-2016年

2018 FIFAワールドカップ アジア2次予選

・2016-2017年

2018 FIFAワールドカップ アジア3次予選

・2017年

E-1フットボールチャンピオンシップ

・2018年

2018 FIFAワールドカップ

エピソードなど

人物像

笑顔が可愛く、人懐っこいイメージが強いです。

選手からもそうですが、サポーターの方たちからも本当に愛された選手の一人です。

またInstagramではサガン鳥栖のことを取り上げてくれたりして、サガン鳥栖への愛を感じる行動をしてくれてます。

エピソード

大学在学中、PSVアイントホーフェンの入団テストを受けたが、残念ながら入団には至らず。

その影響で大学を退学となった。

(日本では考えられないくらい厳しい罰則)

兵役につくため、サガン鳥栖を退団。

この退団により、金民友が背負ってた10番を2020年まで暫定的に欠番にすることを発表。

退団時の挨拶スピーチはサガン鳥栖ファンの中で伝説となった。

その人気から未だに各種SNSでもミヌに戻ってきて欲しいというサポーターが多数います。

勿論、私もその一人です。

最後に

サガン鳥栖退団時のスピーチからの文字起こしをご覧ください。

(間違えてたらすみません。)

Koshi_channel様のYouTubeより

こんにちは。

今日もたくさんの方々にきていただき、本当にありがとうございました。

今日は私から皆さんへ手紙を書いてきました。

へたな日本語ですが、最後まで聞いてください。

サガン鳥栖を愛する皆さまへ。

まだリーグ最終戦と天皇杯が残っていますが、2016シーズン本当にお疲れ様でした。

いつも温かい愛情と熱い応援で私たちの力になってくださり、感謝しています。

皆さんのおかげでいつも堂々とピッチに立つことができ、皆さん一人ひとりのその声が私たちを最後まで走らせてくれました。

また、皆さんの情熱と歓声が大きなモチベーションとなり、いつも幸せな気持ちでピッチに立ち、良いパフォーマンスをお見せすることができたと思いますし、その力でサガン鳥栖も私も成長できたと思っています。

そして、このスタジアムの雰囲気も皆さんがいなくては作ることはできません。

ベアスタを埋め尽くし、選手たちと同じ気持ちで戦ってくださった皆さんは本当に美しいです。

私は今シーズンを最後に韓国に戻りますが、サガン鳥栖で過ごしたこの7年の時間はこれから先のサッカー人生と、一人の人間としての人生を過ごしていく上でとても大きな意味を持つだろうし、いつも私の励みになってくれると思います。

私の心はいつもサガン鳥栖とともにあります。

7年間、このチームでプレーできるチャンスをくださったサガンのお父さん竹原社長。

かげながらこのチームの成長を応援してくださるスポンサーの皆様。

どんな時も信じてくれて勇気をくれたマッシモ監督。

いつも後ろから支え、たくさん苦労しているコーチングスタッフの皆さんやフロントスタッフの皆様。

そして7年の間、本当のお兄さんのようでいつも面倒なことを頼んでも快く受け入れてくれて、でももうコーチになったから最近ご飯も一緒に食べてくれなかったチョンフンコーチお兄さん。

ここで長い時間を過ごした人もそうじゃない人たちもいるけれど、国籍も関係なく、一人の人間としていつも温かく接してくれて、今年は韓国人である私がキャプテンになり、本当に足らないことが多かったと思うけど、いつも尊重してくれて後ろから支え背中を押してくれて……

しんどいことや苦しいことがあっても一緒になって誠実に最後まで最善を尽くしてくれたチームメートのみんなにこの場を借りてお礼を言いたいと思います。

みんなありがとうございました。

7年間、サガン鳥栖のファミリーから受けた大きな愛情とたくさんの思い出をこの手紙で全て伝えることはできませんが、少しでも私の気持ちを表したくて手紙を書きました。

なにものとも代えることができないくらいのたくさんの愛情をもらえたと思います。

もう一度、皆さんに7年間の感謝を言いたいと思います。

本当に心からありがとうございました。

こうして2016Jリーグのシーズンが終わりますが、サガン鳥栖の今シーズンはまだ終わりません。

天皇杯ではありますが、このホームであと1試合できるというのは私にとってこれ以上ない幸せです。

11月12日も皆さんの力が必要です。

天気は寒くなりますが、熱い応援を宜しくお願いします。

少し長くなりましたが、最後に…。

私はまたいつの日か皆さんの熱い応援を背に、サガン鳥栖のユニフォームを着てここベアスタのピッチに立てる日を夢見ています。

夢は叶う!ありがとうございました

やべっ…

文字起こしの為に何度か聞きましたが、涙が止まらない😭

サガンを愛され、サガンを愛してきた金民友

우리의 사랑 김 민우 언젠가는 돌아와주세요

(Visited 492 times, 1 visits today)